ダージリン


ダージリンの茶葉のご購入はこちら

ダージリンはヒマラヤ山脈の山腹にある街です。紅茶の茶園がその周辺にたくさんあります。

そして、ダージリンの茶葉は世界で最も高価な茶葉のひとつでもあります。昔から、ダージリンは「紅茶のシャンパン」としても知られています。ダージリン地方には86の茶園があり、この茶園から生産された茶葉だけがダージリンと呼ばれるものです。

Darjeeling and Kanchenjunga, West Bengal, India
Buy at AllPosters.com

ダージリンの紅茶は独特の香りをもつことでも知られています。主に、ダージリンには三つの茶葉がありますが、一般的にダージリンの紅茶は香ばしく、マスカットのような味わいがあるのが特徴です。

ダージリンの茶葉は収穫の季節によってわけられます。

ダージリンの紅茶の種類


ダージリンファーストフラッシュ

ダージリンファーストフラッシュは、3月から4月にかけて収穫される茶葉です。一番摘みの茶葉で仕上げたものであり、茶葉の明るい外観と、さわやかな風味が特徴です。水色には透明感があり、淡いオレンジ色をしています。生産量が少ないこともあって、価格も高くなります。名実ともに世界一の茶葉といえるでしょう。

ダージリンセカンドフラッシュ

ダージリンセカンドフラッシュは5月から6月にかけて収穫される茶葉です。この時期は本来のクオリティシーズンといわれています。茶葉がしっかりと生育する条件がそろっている時期なのです。茶葉の色はファーストフラッシュよりも濃い色をしていて、わずかに果物の味わいがあります。良質なものはマスカットの香りがするといわれています。水色はファーストフラッシュと比較すると濃い色をしていて、深みのあるオレンジ色が特徴的です。

ダージリンオータムナル

ダージリンオータムナルは10月から11月にかけて収穫される茶葉です。この時期を過ぎるとダージリンの茶畑は休眠期に入ります。ダージリンオータムナルは一年で最後の摘み取りによってできた紅茶なのです。この季節の茶葉には繊細な味わいがあります。ダージリンオータムナルは落ち着いた風味、優しい味わいと甘い香りが特徴です。水色はバラを思わせる赤みをおびたオレンジ色をしています。オータムナルはミルクティーにして飲むと美味しいでしょう。

スポンサードリンク
アッサム


HOME > インド > ダージリン
inserted by FC2 system